神戸・西神中央の眼科・医療法人社団感謝会 にしむらクリニック|眼科一般・瞼・ドライアイ・コンタクトレンズ処方

にしむらクリニック 西神中央駅から徒歩すぐ、・眼科一般、瞼の病気、ドライアイ、コンタクトレンズのにしむらクリニック

交通アクセス

関連リンク

電話 078-992-4666にしむらクリニック TEL:078-992-4666

HOME > 診療内容  > 眼瞼下垂症について

診療内容
  • まぶたの病気
  • ボトックス治療
  • ドライアイ
  • コンタクトレンズ処方
  • オルソケラトロジー

サプリメント紹介

サプリメント紹介

医療法人社団感謝会 にしむら眼科

眼瞼下垂症について

<眼瞼下垂症とは?>

 

まぶたを上げるための筋肉(眼瞼挙筋)の作用が弱くなったり、力が伝わりにくくなることで、まぶたが十分にもち上がらなくなります。このため視野が妨げられて見えにくさや眼の重たさなどの症状が出てきます。
生まれつき眼瞼挙筋の力が弱いなどの先天的な原因と、加齢やコンタクトレンズの長期装用、病気(重症筋無力症、動眼神経麻痺など)のような後天的な原因によるものがあります。

<眼瞼下垂症の症状>

見た目が眠そうな感じになり、しばしば眉毛を持ち上げて見ようとするために、おでこにシワが寄ります。
視界が狭くなり、特に上方が見えにくくなるため、あごを上げて物を見るようになります。
このため肩の筋肉に無理な力が入り、肩こりの原因になることがあります。

 

・ 眼が開けにくい  
・ まぶたが重い
・ 肩こり、頭痛、首の痛み 
・ 眼を開けると額にしわができやすい

 

<眼瞼下垂症の治療>

治療は手術が主体となります。
まぶたが十分にもち上がらないことが見えにくさの原因になっていて、まぶたが瞳(ひとみ)の一部を覆っている場合が手術を行う目安になります。
手術方法は大きく分けて以下の3つがあり、原因に応じて選択します。
@ 眼瞼挙筋前転法:まぶたを持ち上げる組織の緩みをとり、力を伝わりやすくする方法
A 皮膚切除法:被さってくる皮膚を切除する方法
B 筋膜移植法:筋膜などを移植し、まゆ毛を挙上する力を利用してまぶたを持ち上げる方法

 

重症筋無力症・動眼神経麻痺などの病気が原因で二次的に眼瞼下垂を生じている場合は、もともとの疾患の治療を優先して行います 。

 

 

 

手術が必要な場合、にしむら眼科にて行います。 ( » にしむら眼科HP
※まぶた外来は完全予約制となります。 
※まぶたについてご相談がある方は、まずはお電話にてお問い合わせください。