神戸・西神中央の眼科・医療法人社団感謝会 にしむらクリニック|眼科一般・瞼・ドライアイ・コンタクトレンズ処方

にしむらクリニック 西神中央駅から徒歩すぐ、・眼科一般、瞼の病気、ドライアイ、コンタクトレンズのにしむらクリニック

交通アクセス

関連リンク

電話 078-992-4666にしむらクリニック TEL:078-992-4666

HOME > 診療内容

診療内容
  • まぶたの病気
  • ボトックス治療
  • ドライアイ
  • コンタクトレンズ処方
  • オルソケラトロジー

サプリメント紹介

サプリメント紹介

医療法人社団感謝会 にしむら眼科

診療内容

当院では、眼科一般、まぶたの病気、ドライアイ、コンタクトレンズ処方などを行っています。
※まぶた外来は完全予約制となります。

 

<まぶたの病気>

まぶたの病気の診療をいたします。
手術が必要な場合、にしむら眼科にて行います。 ( » にしむら眼科HP
※まぶた外来は完全予約制となります。   
※まぶたについてご相談がある方は、まずはお電話にてお問い合わせください。

 

● 眼瞼下垂症について
まぶたを上げるための筋肉(眼瞼挙筋)の作用が弱まることによって、目を開けたときに、まぶたが十分にもち上がらない状態です。
生まれつき、先天的な理由でおこる場合と、加齢や病気(重症筋無力症、動眼神経麻痺、パーキンソン病 etc..)、コンタクトレンズの長期装着などといった後天的な理由でおこる場合とがあります。

 

● 霰粒腫について
いわゆる「ものもらい」のことです。
眼瞼(まぶた)にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。
症状はまぶたの腫れや違和感です。

 

眼瞼けいれん・片側顔面けいれん<ボツリヌス療法> 

● 眼瞼けいれん・片側顔面けいれんに対する
 ボツリヌス療法

ボツリヌストキシン(ボトックス)を注射して、緊張している筋肉を弛緩させ、筋肉の緊張によって起こる眼瞼けいれんや顔面けいれんの症状を改善する治療方法です。

 

<ドライアイ>

● ドライアイについて
「眼が疲れる」、「眼が乾いた感じがする」という症状を感じたことはありませんか?
その症状、もしかすると、ドライアイかもしれません。

 

<コンタクトレンズ処方>

当院では、使用する方の目の形や状態によって、最適なコンタクトをお薦めしています。

近年、コンタクトレンズによる眼障害が急増しております。
コンタクトレンズは大変便利ですが、ケアーを怠ると角膜炎やアレルギー性結膜炎等のトラブルを起こす場合があり、またコンタクトレンズが原因で視力が低下することがあります。
コンタクトレンズが原因での目のかゆみ、目の腫れなど、放置しておくと恐ろしい状態になることもありますから定期的な検査が必要です。
使用される方が多い為、「手軽」に感じられる方も多いようですが、実際には、眼の形状や状態によってコンタクトレンズ装用の向き不向きがあります。

 

これからコンタクトレンズの購入を検討されている方は、必ず眼科での検査・診察を受け、コンタクトレンズ装用の向き不向きを確認して、あなたの目に合った最適なコンタクトレンズ処方をお受け下さい。

当院では装着指導、使用方法、衛生的なケアーの方法について懇切、丁寧に説明させていただいております。 また、ソフト・ハード多数のコンタクトを取り扱っておりますので、詳しくは医院までお気軽にご相談ください。

 

<オルソケラトロジー>

オルソケラトロジーとは、一般的なコンタクトレンズとは異なり、寝ている間に特殊な形状をしたレンズを装用する事で角膜の形状を平坦化して、近視や乱視を矯正する方法です。
朝起きてレンズを外した後も一定時間角膜の形が保持され、昼間コンタクトレンズやメガネを装用せずに裸眼で生活することが可能です。